キャリア支援

キャリア支援

プロへの道を支える充実のバックアップ体制。

学んだ技能・技術を存分に生かせる職場への就職を実現していただくために、充実したサポート体制を整えています。

ダミー
就職支援・進路相談

当校では、入校後の早い段階から、就職ガイダンスなどを通じて、進路指導を行っています。具体的には、経験豊富な就職支援アドバイザーが中心となって、企業の選び方や就職情報サイトへの登録方法、面接試験の受け方などを指導するほか、専門課程から応用課程へ進学することのメリット、さらに他大学の修士課程への進学についても相談に応じます。
また、学生の皆さんへの進路指導のほか、継続的に地域企業の人材ニーズを調査しており、新たな求人企業の開拓も積極的に行っています。

キャリア形成支援

当校は、厚生労働省所管の教育訓練機関です。そのため、「キャリア形成論」や「生涯能力開発体系論」といった授業科目を設けており、体系的なキャリア形成教育を行っています。生涯にわたる社会人としての役割を理解できるとともに、具体的なキャリア形成の糸口として厚生労働省が推進する「ジョブ・カード」の交付を在学中に受けることもできます。
また、求められている人材の最新情報を得るため、企業人教育の専門家を講師として招いています。

インターンシップ

インターンシップとは、学生の皆さんが在学中に、自らの専門性や将来の進路に関連した就業体験を行うことです。学内での教育訓練の枠では体験できない企業現場に身を置くことによって、習得してきた技能・技術の実力を把握するとともに、就業意識を向上させることができます。
当校では、授業科目の中でインターンシップを実施しており、体系的なキャリア形成教育と併せて、皆さんの将来設計を支援しています。

内定者Voice 私たちはこうして就職を決めました!

市原 悠佑さん

内定者Voice

専門課程 電子情報技術科
日本トムソン㈱内定

就職活動を振り返ってみて、早い時期に就職に向けての取り組みを開始したことが非常によかったと感じています。ほんとうは何かしたいのか、何ができるのか等、はじめのうちは漠然としていました。ただ職種についての希望はある程度はっきりしていたので、とりあえずその職種でそのような企業があるのかを具体的に調べるとことからスタートし、それらの企業を、自分の具体的希望や自分が学んだことなどを照らし合せ、絞りこんでいくというやり方を進めていきました。そういう過程を経るうちに、自己分析も深まり、意欲も充実し、面接では、自分の意見や意欲をはっきりと主張することができるという自信がついてきました。早期に活動を開始したことで、過度に焦ることなく、思いの外順調に希望の企業の内定をいただくことができました。いろいろ迷う前に、まず行動することが大切だと思います。

日比野 圭佑さん

内定者Voice

応用課程 生産機械システム技術科
㈱三五内定

私の夢、それはいつか「技能グランプリ」に出場することです。そして、そんな思いに耳を傾け共感してくれる「会社」を見つけること。それが私の就職活動でした。技能グランプリは、全国の熟練技能者が一堂に集い日本一を競う大会で、ここ東海校でも旋盤競技が開催されます。学生として観戦が許され、トップクラスの技能を目の当たりにしたことは、就活を「生涯、自身が成長できる場所探し」と考える私にとって幸運でした。自身が目指すべき姿を見据えて、それを自社の利益と考えてくれる多くの参加企業を知ることで、納得できる就職先を見つける機会となりました。業界に詳しく、選手や競技関係者に信頼される先生方も大きな存在でした。採用者の目線でアドバイスをいただき、当時もやもやしていたアピールポイントをはっきりさせることができました。思いに一貫性をもつこと。あわせて、自己分析をしっかり行うことで志望動機などの適切な対応がとれるようになり、本番の試験では慌てることもなく、自信をもって進めることができました。応用課程でのグループワークについても、体験に基づいた説明を行うことで、興味をもっていただきました。夢の実現を就活と重ねることは戸惑いの連続であり、友達が次々と内定する状況を不安に思い、悩んだ時期もありました。そんなときは「僕は人とは違う」と思い諦めない。その結果、第一志望の企業から内定をいただくことができました。入社後は、一日も早く技能グランプリに出場できる技能を身に付け、会社に貢献したいです。

得られる資格

修了(見込み)者の資格について

専門課程修了(見込)者は、国家公務員採用一般試験について、文部科学省系短大卒業(見込)者(応用課程は大学卒業(見込)者)等と同等に受験資格が認められ、公務員に採用された場合も、初任給基準等、文部科学省系短大卒業者(応用課程は大学卒業者)と同等に格付けされています。

技能検定学科試験 免除
■技能検定2級の受験資格(専門課程修了時)
■技能検定2級の学科試験免除資格(技能照査合格者)

当校専門課程修了時に2級検定の受験資格が得られます。この試験は学科と実技試験がありますが、技能照査(職業能力開発促進法に基づき、当校専門課程修了直前に行われる)合格者は学科試験が免除されます。(1級の学科試験免除は実務経験年数3年以上が必要とされます)

職業訓練指導員免許受験資格

技能照査合格者は、一定の実務経験や、技能検定に合格することなどにより、法定講習を受講し、各分野の職業訓練指導員免許受験資格を得ることができます。