新着情報・お知らせ

ロボット相撲の表敬訪問を行いました

2019/02/06



 本校学生が「第30回全日本ロボット相撲全国大会」で優勝および3位になったことを報告するため関係各所を訪問しました。
 1月31日には厚生労働省岐阜労働局の稲原局長をお訪ねしました。岐阜労働局の定例記者会見にあわせての訪問となり、たくさんの新聞記者に囲まれての優勝報告となりました。また、土俵を持ち込んでロボット相撲のデモンストレーションも行いました。ご覧いただいた皆様には、ロボット力士の驚くほど素早い動きを実感していただき、その模様は新聞各紙の紙面を飾りました。
 さらに、2月5日には東海能開大が所在する大野町の宇佐美町長、また、2月6日には岐阜県商工労働部の井川部長にご報告しました。

 宇佐美町長からは「来年はディフェンディングチャンピオンとして横綱相撲を見せて欲しい。」、井川部長からは「ものづくりを学んでいる若者の励みとなる、大変にすばらしい結果である。」とのお言葉をいただきました。
 報告に訪れた学生はまだ2年生です。連覇を目指して、来年もサークル活動をがんばっていきたいという意気込みを聞かせてくれました。今後の活躍に期待しています!
(写真は左から、岐阜労働局、大野町役場、岐阜県庁をそれぞれ訪問した模様です。)

一覧へ戻る

携帯サイトQRコード

QRコード

お手持ちの携帯電話でQRコードを読み込んでください。